「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

[体の働き]身体の調整素、ミネラル

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 貧血予防に、銅?(11/09)
  3. 鉄、といえば貧血予防!(11/06)
  4. 循環器と心の健康に、マグネシウム(11/05)

| TOP |

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/11/09 (Mon) 貧血予防に、銅?

栄養素としての銅に注目したことがある人は少ないと思いますが、実は、血液と深い関わりがあります。

鉄、といえば貧血予防!でも触れましたが、貧血の原因は鉄不足。

だけど、貧血を解消しようと鉄だけを摂ってみても、そう上手く貧血が治るとは限らない・・・。

というのも、銅は鉄の働きをサポートする大切な栄養素だからです。

鉄は、そのままでは酸素を体中に運搬するヘモグロビンの合成に関わることができません。

銅が鉄を利用できる形へと変化させ、鉄の吸収を促してくれるのです。

銅が不足するとヘモグロビンは上手く作られずに、量が減ったり赤血球が小さくなるな、貧血の原因になります。

鉄がヘモグロビンになるには銅が必要!

貧血予防、もちろん貧血改善にも、「鉄」にプラスして「銅」も覚えておいて下さいね(^^)

それと、ストレスを感じると銅の排泄量が増えるため、日頃ストレスを抱えている人は気をつけて下さいね。

働きすぎの人の口から、フラフラするとかクラクラするという言葉をよく聞くのは、ストレスが原因の銅不足ということもありそうですね。

忙しいと食事がおろそかになりがちなので、多分、鉄も足りないんでしょうけど・・・。

成人(年齢によっても変動)1日あたりの栄養所要量は、

・男性1.8mg
・女性1.6mg

食品から摂るなら、

・牡蠣~2個
・焼き海苔~59枚
・納豆~6パック
・ごま~2カップ

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

2009/11/06 (Fri) 鉄、といえば貧血予防!

鉄は、成人の体内に4~5g存在します。

その内の60~70%が血液中のヘモグロビン(赤血球の中の赤い色素)にヘム鉄という形で含まれ、残りは、肝臓・骨髄などに蓄えられています。

血液中の鉄の仕事は、体中へ酸素を運ぶこと。

鉄が不足すると、まず血液中の鉄が足りなくなります

鉄が不足するということは、体中の酸素が不足するということ。

そのままでは大変ですから、備蓄分が使われることになります。

それでも補いきれずに備蓄分も無くなると、動悸・息切れ・疲労・食欲不振・顔色が悪いなどの症状をともなう、鉄欠乏症貧血になってしまいます。

女性に貧血が多いのは、毎月、血液と一緒に鉄が出てしまうから。

女性の方が意識的に摂る必要がありますよね。

ほうれん草に鉄が多く含まれるのは有名ですが、植物性の鉄は吸収率が良くないため、動物性、特に鰹節や煮干から摂るのがオススメです(^^)

また、鉄の吸収には、ビタミンCとたんぱく質が不可欠!

鉄剤を処方されても貧血が改善されない人は、この2つをきちんと摂っているか気にしてみてね(^^)

貧血と言えば「鉄分」だけど、それだけでは貧血は改善されませんよ~。

そして、もうひとつ大切なものが・・・。

それは、次回に~。

成人(年齢によっても変動)1日あたりの栄養所要量は、

・男性10mg
・女性12mg

食品から摂るなら、

・鰹節~小7袋
・煮干~50尾
・乾燥ひじき~1カップ
・ほうれん草~1.5束

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/11/05 (Thu) 循環器と心の健康に、マグネシウム

マグネシウムは体内に存在するミネラルの中で、カルシウム・リン・カリウムに次いで多い栄養素。

その内の約半分は骨に、残りは筋肉などに多く含まれます。

マグネシウムは玄米や麦などに多く含まれていますが、精製加工されることにより著しく失われます。

あえて、「著しく」と書いたのは、精製加工により失われるマグネシウムは、玄米や麦では80%以上、砂糖では95%以上(含有量はもともと少ないですが)にも及ぶからです。

こういったこともあり、日本人のマグネシウム摂取量は慢性的に不足しています。

マグネシウムの重要な働きのひとつに、カルシウムが大量に細胞内に入り込むのを防ぐというのがあります。

理想のバランスは、カルシウム2:マグネシウム1。

マグネシウムは、カルシウムの体内量と比べると非常に少ないため、カルシウムが大量に細胞内に入り込むと、あっという間にミネラルバランスが崩れてしまうのです。

バランスが崩れると、心臓などの循環器系に影響を及ぼしたり(心筋梗塞・狭心症)、筋肉の収縮が上手くできなくなったり(筋肉痛・足がつる・こむらがえり)します。

また、マグネシウムには脳や神経の沈静作用があるため、不足するとイライラや情緒不安定などにもつながります。

カルシウムとのバランスを考えながらのマグネシウムの摂取が大切です。

バランス次第で毒にも薬にもなる・・・という感じ?おおげさかな?

カルシウムを効率よく摂るには?も参考にどうぞ~(^^)

成人(年齢によっても変動)1日あたりの栄養所要量は、男性320mg、女性260mg。

食品から摂るなら・・・

・カシューナッツ~2カップ
・落花生~1カップ
・生イカ~3杯
・昆布~4枚
・乾燥ひじき~1+3/4カップ

ちょっとツライかな(^^;)

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

| TOP |

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。