「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

[体の働き]栄養補給をする理由

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. いい加減(01/13)
  3. 若年性更年期障害だった彼女(11/20)
  4. 「健康」とは「病気でないこと」ではない(11/04)
  5. 栄養とカロリーは違うもの!(09/02)
  6. ラッキーな出会い!(09/01)

| TOP | next >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/01/13 (Wed) いい加減

私が、このブログで色々と栄養のことや健康のことを書いているせいか、どうも私の食生活が完璧に近いものだと思っている方が多々いらっしゃるようで恐縮です(><)

全然そんなことありませ~ん!

ここ何ヶ月かは、平日の夕飯に限りマクロビオティックの食事を摂っているので、以前に比べればヘルシーだとは思うけど・・・。

だけど、それ以外はテキトーです。

旦那さんも野菜大好き人間とはいえ、

「弁当もマクロビっていうのは勘弁してね。」

と言われているので、旦那さんと娘の弁当には肉も魚も乳製品もありです。

そして、私はスイーツ大好き♪

実は、食べるのも作るのも、両方好きなんです。

だから、自分がそんなに食べたくなくても、とりあえず作りたいという時もあるので、生活から甘いものを除外するのは絶対に無理!

それでも、平日の夜だけマクロビを始めてからは、肉や魚を食べたいと思う気持ちが随分と薄れたように感じるし、甘いものも自分が食べたいときは食べるけど、そばで人が食べているからといって釣られて食べるということが減ったというのは感じています。

まあ、いい傾向でしょう(^^)

私は、いまのところ病気ではないので、スイーツも含めた食事を全てマクロビオティックにしようとは思っていないんです。

もちろん、そうすれば一層よいことは分かっているのだけど、真面目になりすぎると、それがかえってストレスになるんです。

ストレスの怖さは身をもって体験しているので・・・。

だから、健康管理も自分が気持ちいいと思える程度に、わざと抑えています。

それに、「マクロビオティック=玄米菜食」ということで、陰陽のバランスを考えずに実践すると、かえって具合が悪くなることもあるのだとか。

好転反応ならいいですけど、本当に健康を害していたら大変(><)

私の「いい加減」なところ、というか、いまのところは、これが私の「よい加減」なの(^^)

長年続けている栄養補給食品は、他とのバランスをイチイチ考えなくても、それ単独でバランスが取れているものなので気軽に摂れますし、むしろ、これがあるから私のようなユルッとした食生活でも、これだけの状態を保っていられるのだと思います。

というか、だんだん良くなっているのよね~。

私が栄養補給をしている理由のひとつがコレなんですよね。

ユルッと頑張れるから(笑)

サプリメントを否定する人もいるし、反対に頼り切っている人もいるし、薬は飲むけどサプリメントは飲まないっていう不思議な人もいるし、本当に人それぞれ。

もちろん、日々の食事で健康を維持したり改善したりするのがベストなんだけれど、私は性格的に追及するタイプ。

いつまにかベストを探し求めるタイプなんです。

だから、それがストレスを招くことも多い。

それが分かっているから余計に、私にはベターな程度に抑えてくのがベストだと思うんですよね~。

以前、会社員だったときにこんなことを言われました。

「この仕事はね、70%の力でやればいいんだよ。そんな風に朝から100%だしてたらパンクするよ。毎日、夜遅くまでやるんだからさ。」

今なら、こういう調節も少しはできるんだけどな・・・。

料理だって、やりたいときもあれば、やりたくないときもある。

そういうときは、コンビニで買って食べて、だけどちょっと心配だから今日はサプリメントを多めに摂っておこう!

こういうのもアリ。(毎日はダメよ♪)

安全な自然のものから作られていて(自然の中にも危険なものは沢山ありますよ)、きちんと吸収されて、自分である程度の効果が感じられる、信頼のおける栄養補給食品であれば摂ってみていいと思うんです。

こうやって、色々なものや色々なことのイイトコ取りをしながら、ゆるゆるとやってきた結果がいまの私です(^^)

それなりの成果は出てます(^^)

だから、決めつけないで、アンテナを張って、気になることがあったら臆せずに、ユルッとやってみるのが私のオススメです♪

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

2009/11/20 (Fri) 若年性更年期障害だった彼女

私がブログを始めた頃、栄養補給をするようになった理由を書きました。

その時に書いた人の他に、もう一人、少なからず私に影響を与えた人がいます。

当時、私が通っていた英会話スクールで知り合い、友達になった年下の女の子。

現在の姿からは想像できないけれど、彼女は10代から7年間も生理がこなかったんです。

7年間・・・。

私だったら、生理が1回飛んだだけでも少し焦るかも(><)

いや~、そりゃあね~、不安だったと思いますよ、7年間ですから。

彼女は、市内の総合病院に行ったり、漢方薬を試したりと、自分なりになんとかしようと行動していました。

病院で骨密度を計ったところ、

「あなたの骨密度は70代レベルで、子供を作るのは難しい・・・。」

とまで言われたそうです。

薬も処方されて飲んでいましたが状況が変わらずに、高い漢方薬にも手を出したり・・・。

だけど、結果は同じ。

更に、うつの診断もされていたんだとか・・・。

なんというか、まあ、若年性更年期障害?

そんなこんなで7年間。

そんなとき、”マム”と知り合って栄養補給食品を摂るようになったおかげで、彼女は若年性更年期障害から見事に抜け出したのです(^^)

彼女がよく話してたのは、”マム”は一緒に食事をしたときに、

「あなた、毎日何食べてるの?」

と言ったこと。

何でこんなこと聞くんだろう?と不思議に思ったんだとか。

だって、誰にも聞かれたことなかったから。

病院に行っても食べ物の話や栄養の話は一切ないし・・・


実は、彼女のお母さんは仕事をしており、忙しさのせいか子供のときから食生活は乱れていたのだそう。

彼女も就職して外食が増え、更に食生活は乱れていったんでしょう。

そんなことを”マム”とじっくり話したあとに言われたのは、私と同じ。

「あなたは単なる栄養失調よ!」

それから、真面目に栄養補給を続けること4ヶ月、なんと!!7年間止まっていた生理がやってきたのです~(^^)

最初は不規則だったけれど徐々に順調にくるようになり、ガリガリで生理のこない女の子は、毎日のようにジムに通う、筋肉質でエアロビ大好きな女の子になりました~(^^)

その間、誰が家族なのか分からないくらいに”マム”の家に入り浸り、食事も一緒に家で食べることが多かったんじゃないかな?

”マム”のご飯、美味しいのよね(^^)

娘さんとも仲良くなって、まるで家族のようでした

そういう精神的な落ち着きも、良い結果をもたらしたのかな。

だけど、食事にもう少し注意していればね~。

つらい7年間を過ごさずに済んだのかもしれない。

食事の大切さが分かりますよね。

何を食べたかが全てで、食べたもの以上の体にはならないということ、忘れたくないですね~。

だけど、たまに忘れてチョコを食べまくる私・・・(^^;)

もっと、修行しま~す(^^;)

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/11/04 (Wed) 「健康」とは「病気でないこと」ではない

「健康とは?」

世界保健機関(WHO)が定めた健康の定義(概念?)は、1948年の設立における世界保健機関憲章の前文にある定義が有名です。

「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」

要するに、「病気でない」ことと「健康である」ことは、全く別物だということです。

まあ、別にWHOの考え方に合わせる必要もなく、人それぞれの考え方なんですけどね。

病名はつかなくても、色々な不定愁訴を抱えて体調が思わしくなければ、それは健康とは言えませんよね。

「病気でない」というだけのこと。

将来、なんとかギリギリ病気じゃない状態をキープしたとしても、ヨボヨボとか、ほとんど寝たきりという状態で長生きするのは嫌だな~と。

実際、そういう人、増えてますしね。

おばあちゃんになっても病気自慢なんかすることなく、元気に過ごしてコロッと終わりたいな~と。

それには、やっぱり、ある程度の生活習慣の見直しは必要なんじゃないかな~と。

脳梗塞で半身不随になった祖母の面倒を実家で見ていたことがある私の実感です。

食事、よくなかったですからね~(^^;)

まあ、どんなに努力したってコロッと終われる確率が100%になるわけじゃないんですけどね。

これが、私が栄養補給をする理由のひとつでもあります(^^)

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/09/02 (Wed) 栄養とカロリーは違うもの!

当時の私は、栄養のことについて余りにも無知でした。

栄養とカロリーの違いさえも分からなくなっていたのかもしれない。

というか、考える余裕さえなかった。

精神的にもかなり消耗していたと思います

例えば、ファストフードは一般的にカロリーは高くて栄養は少ない。

スナック類もそうですよね?

コンビニ弁当だって圧倒的に野菜が少ない!

栄養をきちんと摂るということは栄養をバランスよく摂るということ。

ただお腹を満たすために食べるということとは全く別物。

そんなこと分かっていたのに、実際にはできていなかった。

仕事に追われていた8年間は、食事を作る時間どころか食べる時間さえ十分にはないので、基本はコンビニ。

それでも危機感は感じていたのでしょう。

貧しい知識の中で自分なりにバランスを考えてチョイスしてましたね。

コンビニなので限界がありますが・・・。

ただ、そんな生活も長くなるとコンビニには食べたいものがなくなり、何を食べるか決められずに陳列棚の前にボーっと立ち尽くしていたこともありました。

それぐらい、コンビニは利用していました。

必要な栄養ではなく、必要なカロリーを摂る生活が続いたせいでしょうか?

私の体は疲弊していたのでした。

まあ、コンビニ弁当からできた体では仕方ありません。

コンビニ関係者の方、ごめんなさい(><)

そう、やる気満々の自分の気持ちについて行かない体は、年齢のせいではなく、長年のいい加減な食生活と過度のストレスが招いた結果でした。

これからは食生活に気を付けよう。

そう決心した私に衝撃の事実が!

1日に必要な栄養を全て摂ろうとすると、到底食べることができない量になってしまうということ。

もちろん食べられる人もいるでしょうが、残念なことに私は小食。

無理に食べれば胃を壊すこと間違いなしです。

胃も丈夫な方ではないので(^^;)

野菜に含まれる栄養素(ビタミンなど)は昔に比べると減っているし、旬であるかどうかでも、その量は変わるので、さらにハードルは高くなりますよね。

そこで、サプリメントを利用した栄養補給が始まるわけです。

限定公開記事ですが、実際に私が摂っているサプリメントのメニューについても、これから書いていきたいと思います。

限定公開記事にする理由も書きたいと思いますので、お待ち下さい。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/09/01 (Tue) ラッキーな出会い!

当時の仕事、すごく忙しかったって書きましたよね?

でも、そんな中でも習い事をしていました。

「習い事ができるなら、そんなに忙しくないじゃん!」

という声が聞こえてきそう(><)

でもね、ぶち切れてたんです、私。

ここまで仕事して先に何があるの?みたいな感じ。

仕事の他に何かないとおかしくなりそうで、スケジュール的に行けるとか行けないは問題じゃなかったというか・・・。

分かってくれる人、いるかなぁ?

でも、そんな無茶な習い事でラッキーな出会いがありました。

私が栄養と健康のことに興味を持つきっかけになる出会いでした。

出会ったのは退職後で、やる気満々の自分の気持ちについて行けない体にもどかしさを感じていたときだったので、タイミング的には最高!だったんだと思います。

その人(ブログ内では”マム”と呼ぶことにします)は栄養のことに驚くほど詳しくて、どうして私の体がこういうことになっているのか?どうやったら抜け出せるのか?を教えてくれました。

答えは、なんてことない・・・。

え?ただの栄養失調?

私、きちんと食べてますけどぉ。

栄養とカロリーは違うもの」へ続く・・・。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

| TOP | next >>

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。