「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

[その他]本

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 子どものこころにふれる整体的子育て(10/29)
  3. 玄米、豆、野菜、海草を食べる(03/12)
  4. 美人のレシピ(02/01)
  5. ゆっくり発酵ベーグル(01/16)
  6. 週末医食(01/15)

| TOP | next >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/10/29 (Fri) 子どものこころにふれる整体的子育て

今日は本の紹介。

整体ボディーワーカーである山上亮さんの子どものこころにふれる整体的子育て

紹介文に「子どもの不調を和らげるために、手を当てたり、足湯や湿布をしたり、という親ができる簡単な手当てを紹介」とあったので、お手当の本だと思って読み始めたのですが違いました。

もちろん、具体的な手当法も載っているのですが、もっと広い意味での子供のケアの方法を書いたユニークな子育て本という感じかな。

決して小手先の躾などではない、もっと子供の心と体に寄り添った子育ての手法なんです。

帯をよく読んでみると、野口整体とシュタイナー教育の両方の視点からアプローチされているんですね。

だからこんなに温かい感じがする本なのね~とあとから納得。

目次を春のからだ・夏のからだ・秋のからだ・冬のからだ、というように四季に分け、季節ごとの注意や手当が書かれているので分かりやすいのも良いです。

季節の変わり目はもちろん、「最近、子供としっかり向き合っていないな~」と感じた時に開きたい本です。

子育てに大切な、本当に大切なポイントが分かりやすく書かれています。

一家に一冊!


子どものこころにふれる整体的子育て

ブログ、雑念する「からだ」もどうぞ。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

2010/03/12 (Fri) 玄米、豆、野菜、海草を食べる

今日は、久しぶりに本の紹介。

今回は、天野朋子さんの玄米、豆、野菜、海草を食べる(Love Eice,Beans, and Veges)。

この方は、Whole Foods Studio主宰のマクロビオティックインストラクター。

4月から、このWhole Foods Studioのマクロビオテッィク初級コースに通うので、ちょっと本を買ってみたというわけです。

ちょっと家からは遠いけど、アットホームな雰囲気とすごく美味しいレシピだという評判に惹かれました(^^)

肝心の本の内容は、最近では沢山のマクロビ本が出版されていて種類も色々あるけれど、この本のレシピはとてもシンプル!

タイトル通り、沢山の「玄米・豆・野菜・海草」を食べられる、簡単なメニューばかり。

1品あたりに使う材料が少なく、シンプルだけれど美味しい。

特に、初心者にはうれしいかも。

ページを開いた途端に、ズラーッと何十種類?というくらいに必要な材料が並んでいたら、写真がどんなに美味しそうでも、ちょっと作る気にはならないものね(^^;)

私が気に入ったのは、モチアワ・人参・かぼちゃ・玉ねぎを使った「モチアワとスウィートベジタブルのシチュー」と、ワカメ・水で戻した板麩・玉ねぎを使った「ワカメと板麩の煮物」と、りんごとオートミールをリンゴジュースで煮た「りんごのオートミールポリッジ」。

著者はウエダ家さん(著書は酵母ごはん酵母スイーツなど)とも親しいらしく、酵母の作り方にも軽く触れており、酵母を使った料理やお菓子も紹介されています。

酵母を料理やお菓子に使うと、とても美味しくなるらしんです。

私も、いつか酵母作りにも挑戦して、旨味たっぷりのマクロビ料理を作ってみたいな♪



玄米、豆、野菜、海草を食べる

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/02/01 (Mon) 美人のレシピ

今日は、本の紹介です。

マクロビオティックの食事指導者である山村慎一郎さんと、マクロビオティック料理研究家の中島デコさんの共著である美人のレシピ

山村慎一郎さんは、全国の食養講座で講師として活躍し、重病患者への食事と手当法を指導している人。

中島デコさんは、千葉県でブラウンズフィールドを設け、世界各国から集まる若者達とともに持続可能な自給自足生活を目指している人。

中島デコさんは、他にもマクロビオティックのレシピ本を出版されています。

中島デコのマクロビオティックのパンとおやつは、気になる一冊。

きっと、そのうち買ってしまうのでしょう(^^)

第2弾の美人のレシピ(2) パワフル・レシピで「お悩み解決」編の方がQ&Aが多いので迷ったですが、とりあえず順番に・・・ということで第1弾の方を先に買ってみました。

まず、「望診法」というのは、マクロビオティックのベースとなっている理論。

例えば、あごに出た吹き出物は卵やチーズの摂りすぎで子宮や卵巣に問題がある・・・など。

普段、気にも留めない小さな症状から、体の弱っている部分を探り当てることができます。

そのほかにも、シミ・シワ・クマ・手が冷たい・手が湿っぽい・白髪が多い・枝毛が多い・爪が欠ける・爪が反っている、などなど・・・、こんな小さなことが自分が食べているものと関係あるんですよ!

私は、ずっと胃が弱いと思ってきましたが、この本によると腎臓が弱いとまではいかないけれど、決して強くはないことが分かりました。

色々な原因不明の不調は腎臓に原因があることも多いですから、もう少し腎臓をケアしてあげようと思いました。

もちろん、ケアするための料理レシピも載っています。

目的は冷えの解消だったのですが、寒くなってから腎臓をケアするサプリメントを摂っています。

これは、偶然か必然か!?

更に、食事にも腎臓をケアするレシピを取り入れたら、さて、どんな変化が起きるかな~。

楽しみであります(^^)


美人のレシピ


美人のレシピ(2) パワフル・レシピで「お悩み解決」編

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/01/16 (Sat) ゆっくり発酵ベーグル

最近、なぜかベーグルが焼きたくてたまらない。

ベーグルなんて焼いたことないのに(^^;)

それも、ベーグルの達人になりたい!ぐらいの勢いで焼きたい。

何なのか分からないが、とにかく何かを作りたいということみたい。

制作意欲がスゴイ、今日この頃。

以前に買った、高橋雅子さんのゆっくり発酵ベーグルの中にある「ふかふかベーグル」のレシピで焼いてみました(^^)

この本は、名前の通りベーグルだけの本。

「もっちり・むぎゅむぎゅ・ふかふか」という、3種類のレシピが載っています。

自分の好みに合わせて作ることができるのイイですね。

本の中の「ベーグル徹底研究」では、粉を替えたり、水の量を替えたり、発酵時間を替えた結果、どんなベーグルが出来上がるかが載っています。

この実験のようなページ、とても面白いです。

そして、素人には参考になると思います。

色々と試してみて、自分好みの粉や配合などを見つけられたら楽しいだろうな~。

本当は「もっちり」で作りたかったのだけど、こちらだけはベーグルなのに1次発酵をするので、時間短縮のため「ふかふか」を選択。

高橋雅子さんの本は、少しのイーストでゆっくり発酵パンゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティも持っています。

後者しか活用したことはないんですけどね~。

だけど、今回ベーグルを焼いてみたことでパンへのハードル(発酵時間というやつが私に二の足を踏ませていた)が下がった気がします。

というのも・・・。

ジャジャーン!



どう?

始めての割には良い出来栄えではないかと、自画自賛。

ちょっと気を良くしてしまいました~。

パンの中では、ベーグルって簡単なんだろうけどね。

底割れも全くないし、成形も、ま、問題ないよね?

始めてだからね・・・。(ジャジャーン!といった割に弱気になる)

実物は、もう少し艶があります。(フォローもしてみる)

焼き色も、実物は、もっと横の方まであります。(更にフォローしてみる)

しかし、もうちょっと横の方まで、まんべんなく焼き色をつけたかったな~。

やっぱり、電気オーブンでは難しいのかな?

うちのオーブン、焼き色が付きやすいので下段しか使わないの。

グラタンやピザは別なんですけどね。

下段に置くから、上を中心に焼き色がつくのよね、きっと。

下段で焼いて、途中で中段に移してみようかな?

と、独り言。

これをきっかけに、パンをもっと作っていきたいな、と思う大豆でした~(^^)


ゆっくり発酵ベーグル

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/01/15 (Fri) 週末医食

2010年になって2週間、いまだに年末年始の荒れた食生活から抜け出せない貴方にピッタリの本を紹介します(^^)

それは、医学博士でお茶の水クリニックの院長でもある森下敬一先生の週末医食という本。

簡単に言うと、「土日で血液を浄化して体内をリセットしてしまいましょ~!」というスゴイ本。

平日の暴飲暴食を土日でリセットして、また新しい週を迎えるためのメニューがたくさん載っています。

「体すっきり・体質改善・毒素サヨナラ・血管クリーニング・ダイエット・美しい肌・深い眠り・リフレッシュ」

これらの項目ごとにレシピが分かれているので、目的別に使えるのが便利。

印象としては、マクロビオティックの食事に近いと思います。

肉食や濃い味になれている人は戸惑うかもしれないけれど、週末だけなら頑張れるかも♪

我が家は週末に家族での外出が多いため、必然的に外食が多くなり食事も乱れます。

だから平日夜医食なわけですが、週末でも週初でも、その人の生活習慣に合わせて実践してみるといいと思います。

ただ、この方法は病気でない人に限ります。

すでに病気になってしまった人は、この医食療法を2~3年またはそれ以上、厳格に実践されることが必要とあります。

「厳格に」と書かれると、病気じゃないのにプレッシャー(^^;)

また、悪食による毒素の体内蓄積は、ことのほか多量で、その清掃には手間どるものともあります。

レシピだけではなく、食べ物と血液の大切さが分かる本です。

私は、「毒素サヨナラ」の「板麩と野菜の炒め物」で板麩の美味しさにはまりました(^^)


週末医食

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

| TOP | next >>

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。