「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

[マクロビオティック]クッキング

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 豆腐白玉のくるみ味噌がけ(10/13)
  3. 乳製品を使わない粉チーズ(10/05)
  4. 高野豆腐と切干大根の煮物(06/15)

| TOP |

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/10/13 (Wed) 豆腐白玉のくるみ味噌がけ

今日は、オヤツの紹介。

画像 076

昨日、多めにつくっておいた豆腐白玉にくるみ味噌をかけていただきました。

優しい味。

娘も気に入ってくれました。

あまりにも気に入りすぎて旦那さんの分まで食べてしまったので、なんだか申し訳なくて、オートミール入りのざくざくスコーンを追加で焼きました。

くるみ味噌は、くるみ(炒ったもの)をすり鉢でゴリゴリして、白味噌とメープルシロップと醤油で味付けしたもの。

昨日は、豆腐白玉にココア豆腐クリームをかけたものがオヤツでした。

今日は、時間短縮のためのアレンジ版ですね。

明日のオヤツは何にしようかな?

なんだかんだと忙しい毎日。

仕事をしているわけでもないのに、なぜ時間が足りないの???

疑問です。

もしかして、手際が悪いのかしら?と思ったり。

あ~あ、せめて1日30時間だったらなぁ。

だから、ブログの更新もまったり気味です。

最近は、かしこまった栄養のことを書く気分になれずに日々のあれこれを綴ってしまっています。

それはそれで良いのだけれど、ブログのタイトルと合わなくなってきているな。

マクロビ生活を送っていると、日々のこともそちら寄りのことが多くなってしまうので、マクロビティックのことは違うブログで独立させた方がいいのかな?と考えたりもしています。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

2010/10/05 (Tue) 乳製品を使わない粉チーズ

マクロビオティックを始めてから1年が経ちましたが、豆腐チーズや豆腐マヨネーズは家族には不評。

ましてや、酒粕チーズなんてもってのほかです。

もっと、本格的に洋風な味がして簡単に作れる、チーズの代替品はないものかな?と思っていたら見つけました。

白崎裕子さんのにっぽんのパンと畑のスープの「白みそ粉チーズ」。

作り方は簡単。

アーモンドプードル・白味噌・なたね油・梅酢・塩・ガーリックパウダーを混ぜて、下の写真のように広げて低温でじっくり焼く、というよりは乾燥させる感じかな。

写真みたいに綺麗じゃなくていいけど、同じ厚みにした方が焼きムラがなくていいと思います。

画像 068

焼きあがったらフォークなどで砕いてビンなどに詰めて保存します。

画像 068

冷蔵庫で1ヶ月ほど保存できるのがよい!

さっぱりした昆布しいたけ出汁ベースのスープに少しコクが欲しいときなんかは、この白みそチーズをパラパラと振りかけると濃厚スープに早変わり!

私はガーリックパウダーは入れずに、にんにくの風味が欲しいときは料理の方に加える形をとりました。

お食事マフィンの上に振りかけて焼いてもいいかも♪

ガンガン使ってみたいと思います。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/06/15 (Tue) 高野豆腐と切干大根の煮物

マクロビ教室の初回に食べた、高野豆腐と切干大根の煮物があまりにも美味しかったので、家で再現しようと2度ほど試みました。

初回は、自己紹介と理論とごま塩作りだったため、ランチは先生とアシスタントの方が作られたものを食べたのですが、その中に高野豆腐と切干大根の煮物があったのです。

しっかりとした甘さがあったので、試食のときに一緒のテーブルだったアシスタントの方に、調味料は何を使っているのか聞いてみたところ、なんと「醤油だけ」だというじゃありませんか!

家でも2回ほど、玉ねぎをウォーターソテーして甘みを引き出して試作してみたのですが、どうも甘さが足りずに米飴やみりんを少量いれることに(^^;)

これはもしかして、切干大根に問題があるんじゃないか?と思い、奮発して特別栽培の大根を使った切干大根を買っておいたのです。

ついに、日曜日にリベンジしました。

画像 063

ま、見た目は普通ですが、味は完璧!?です。

もちろん、調味料は醤油だけ。

だけど、しっかりとした甘さがあって、切干大根はやわらかく煮えていて美味しい。

やっぱり、素材って大事なのね~。

上手くいったので、うきうき気分で「どう?」と旦那さんに聞いたら「え?何が?」だって。

食べる方にしてみたら、甘さの元が米飴だろうが素材だろうが、そんなの関係ないようです。

そんなもんよね(^^;)

だけど、教室で使っているという天日干しの切干大根で、もう1回作ってみたい大豆さんなのでした。

きっと、もっと甘さが出ると思うわ!

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

| TOP |

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。