「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

2009年08月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 当時の私の体調(08/31)
  3. おすすめは、アミノ酸スコア100の大豆!(08/29)
  4. 良質な、たんぱく質って?(08/28)
  5. なにはなくとも、たんぱく質(08/27)
  6. プロフィール詳細(08/01)

| TOP |

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/08/31 (Mon) 当時の私の体調

私が栄養補給を始めたのは、29歳のとき。

20歳から社会人として働き出し、何年間もず~っと働きづめでした。

とにかく忙しかったんです、仕事が・・・。

友達が減るくらいに(笑)

それでも、当時はなんとかなっていましたよ。

若さですかね?

それでも、退職までの2年間は心身ともに最悪で、半年に1回は深夜に急性胃腸炎で夜間救急にかけこんでいました(^^;)

そんなときに、精神的に付加が掛かる出来事が続発!

私の体は限界を超えたらしく、とうとう初入院を経験することになりました。

症状は嘔吐と下痢、気が遠くなるような胃痛と腹痛、そして・・・恐怖の下血!

下血の原因は荒れていた腸壁からの出血でしたが、それも数日で治まり、色々検査もしましたが大きい病気も見つからず、急性胃腸炎ということで落ち着きました。

約2週間の入院生活でした。

その後、数ヶ月で退職。

そして、メデタク結婚!

同じ過ちは犯すまいと、ゆる~く仕事をしていました。

以前より時間に余裕のある生活をしてみると、仕事しかしてこなかった反動なのか!?色々なことに興味がでてきました。

魅力的なことが沢山!

しか~し、いったん調子を崩した体は元通りとはいかないらしく、とにかく疲れやすい。

すぐに座りたくなるし、顔色も悪いとよく言われました。

それでもまだ、気持ちは外へ向いていたので助かってましたけど、退職前は精神的にも相当ヤバイ状態でした(--;)

ストレスは体を蝕みま~す(^^;)

いま考えると腎臓の機能が弱っていたのは確かだと思います。

とにかく、私の体は私の気持ちについて行くことができない状態になっていたのでした~。

心と体が連動しない(涙)

どうしたらいいの~、まだ20代なのに~!

これじゃ、子供も産めないかも!と不安は募っていきました。

ラッキーな出会い!」へ続く・・・。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

2009/08/29 (Sat) おすすめは、アミノ酸スコア100の大豆!

では、どうして大豆がおすすめなのか?

簡単にいうと次の3つ。

1.たんぱく質を豊富に含む

2.コレステロールを含まない

3.不飽和脂肪酸を豊富に含む

4.アミノ酸スコアが100である


あの牛肉でさえ100g中に15~20gしか含まれていないのに、大豆には30~35gものたんぱく質が含まれているんです。そのうえコレステロールを含まず、さらにコレステロールを低下してくれる不飽和脂肪酸(オレイン酸、リノレン酸)が豊富、といいことずくめ。

カロリーも低い!

そして、馴染みがない言葉かもしれないけれど、これに一番注目して欲しい。

それは、アミノ酸スコアが100であるということ!

アミノ酸スコアとは、たんぱく質の「質」を数値で表したもので、体内で作ることができない(つまり、食品から摂るしかない)必須アミノ酸がどのくらいバランスよく含まれているかという指標で最高値が100。

たんぱく質、脂質、炭水化物も、ちょうど3分の1ずつバランスよく含まれていて、食品としては実に優秀なんですよ。

他の植物性たんぱく質を含む食品と比べても、ゴマは脂質がずば抜けて多いし、小麦粉や米(白米)は炭水化物が多い。

動物性たんぱく質を含む食品の中でも比較的バランスがよいのは牛乳だけれど、含有量が圧倒的に少ない。

ね?大豆ってスゴイでしょう?

ビタミン、ミネラル、鉄、カルシウムなども含まれているし、本当に大豆はエライ!

私が、豆好きだからって褒めてるわけじゃないですよ~。

大豆食品て地味なものが多いけど、見直してみるのもいいかも。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/08/28 (Fri) 良質な、たんぱく質って?

前回、良質なたんぱく質をしっかり摂ると書きました。

じゃあ、良質なたんぱく質って何?ということですよね。

まず、たんぱく質は動物性(肉、魚、乳製品)、植物性(豆類、穀類)の2つに分けられます。

基本的には、動物性たんぱく質の方が植物性たんぱく質よりも、質がよいです。

だからといって、動物性たんぱく質ばかり食べればよいというものでもありません。

動物性たんぱく質には、見逃せない問題があるからです。

例えば、肉(動物性たんぱく質)は良質なたんぱく質を多く含むかわりに脂肪もた~くさん含んでいるから。

特に牛肉や豚肉は、飽和脂肪酸(融点が低いく、体に溜りやすい。よって、血中のコレステロール値を上げ、動脈硬化や心臓病の原因にもなる。)という有難くないものまで持ってるんですよね。

その点、植物性たんぱく質は低脂肪、低カロリー。

だからといって、もちろん肉を食べるなというわけでもありません。

あくまでバランス♪

では、ズバリ!良質なたんぱく質とは何か?

それは、大豆

大豆が良質なたんぱく質であるという根拠、それは次回・・・。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/08/27 (Thu) なにはなくとも、たんぱく質

たんぱく質について深く考える人はなかなかいないと思うけど、私はあえて、ふか~く考えてみようと思います。

なぜって、それは、たんぱく質は生きていくうえで欠かすことのできないものだから。

人間の体の約60%が水分、というのは知っている人も多いと思うけど、意外と知られていないのがたんぱく質の占める量!

水分60%を除く40%の約半分、つまり、約20%はたんぱく質なんです。

人間の体は水分とたんぱく質が主成分といってもいいくらい。

じゃあ、その20%のたんぱく質はどこにあるの?というと・・・

髪、爪、皮膚

この辺は一般的よね。

なんと、さらに!

胃、腸などの内臓から、骨、神経、脳、血液、ホルモンにいたるまで、たんぱく質からできているんです。

驚きでしょ?

体のほとんどはたんぱく質からできている。

だから、たんぱく質は良質なものをしっかりと摂らないといけないんです。

じゃあ、良質なたんぱく質って何なんだろう?

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/08/01 (Sat) プロフィール詳細

興味のあることが多すぎて困り気味の東京都在住アラフォー女子です(^^)

約10年前、栄養補給で最悪の体調を抜け出したことをきっかけに、栄養と健康の関係に興味を持ち始めました。

最近、自分では分かっていると思っていたことが、いざ人に質問されると上手く答えられなかった、ということがあり、書き留めたり、まとめたりの作業が大切だな~と感じました。

自分なりに勉強して得た知識を、このブログに覚書として残しています。

ぜひ、記事への感想などコメント欄に残していってくださいね(^^)

質問や相互リンクも大歓迎です。

素人情報ですが、精一杯、正確な情報をお伝えできるように心掛けます。

お付き合いくださいね♪

もしも、このブログが誰かのお役に立てるとしたら、かなりうれしいです(^^)

追記:
ブログを始めてまもなくマクロビオティックを始めたので、マクロビオティックに関する記事も多くなっています。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

| TOP |

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。