「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

2009年11月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 産直野菜ベジタフル、お試しセット購入(11/30)
  3. 三年番茶と柿の葉茶(11/27)
  4. 生まれ変わる体(11/26)
  5. 健康のカギを握るミトコンドリアの新常識2(11/25)
  6. 健康のカギを握るミトコンドリアの新常識1(11/24)

| TOP | next >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/11/30 (Mon) 産直野菜ベジタフル、お試しセット購入

今回、私が利用したのは「産直おやさいベジタフル」です。

お試しセットの内容は、「水菜・キャベツ・大根・じゃがいも・ごぼう・ブロッコリー・ブラウンマッシュルーム・人参」の全8品。

その内、人参は特別プレゼントだったので、普段は7品です。



今回配達の野菜の説明(左)と、その野菜を使ったレシピ(右)も入っていました。



珍しい野菜が送られてきたときなんかは特に、レシピがあると助かります。

こじゃれたレシピもあって、料理のモチベーションが上がるかも~。

大根・ごぼう・人参は土つきですが、全ての野菜が何かしら包装されているので、片付けるときに周りが土だらけになることもなくラクでした。

前回のは、箱の中や周りが土だらけになって片付けに時間が掛かってしまった(--;)

他社との違いは、1日に届けられる場所に限って配達していること。

新鮮さへのこだわりだけど、地方に住む人には残念かな・・・。

また、土壌分析と微生物・酵素の活用による安全でバランスの取れた徹底した土壌作りが売り!

届いた野菜は状態がよく、見るからに美味しそうで、食べるのが待ち遠しい気分になりました。

HP内の動画では、契約農家を訪ねている様子が見られます。

契約農家の人が何にこだわって野菜を作っているのか、よく分かりますよ。

ポキッと折っても、またくっつくキュウリも見られま~す(^^)

詳しくはHPで確認して下さいね。→産直おやさいベジタフル

ちなみに、無農薬野菜お試しセットは、1900円相当の野菜が1200円(送料別)で買うことができました。

毎週と隔週を選ぶことができます。

まだ気になるところがあるので、楽しみながらか試してみま~す!

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

2009/11/27 (Fri) 三年番茶と柿の葉茶

私は普段から、飲み物は冷たいものより温かいものにするように気をつけているのですが、その中でも有機三年番茶は定番的な存在。

三年間熟成した三年番茶。

確か、マクロビオティックの定番茶でもありますよね。

特に、寒い時期には煮出して水筒に入れ、いつでも好きなときに飲めるようにしています。

そして、風邪のひき始めには、梅醤番茶!

つぶした梅・生姜のすりおろし・醤油をカップに入れて、そこに熱い三年番茶を注ぐ・・・。

梅も生姜も大好きなので、体調が悪くなくても飲んでいます(^^)

生姜をタップリ入れると、冷えた体が温まりますよ。

カフェインも少ないので寝る前に飲んでも安心で~す。

喉がイガイガしたり痛みを感じるときには塩番茶のウガイが効きます♪

それと、「柿の葉茶」。

エグ味や渋みが無く、ほんのり甘味があります。

優しい味わい・・・。

柿の葉には、プロビタミンCといってビタミンCになる手前の成分が含まれています。

ビタミンCは熱や水に弱いことで知られていますが、プロビタミンCは熱や水に強いので、お茶にして飲んでもビタミンCがほとんど壊れることなく体内に取り込めるのだそう。

他にも、ポリフェノール・フラボノイド・クロロフィル・ビタミンAなどが含まれていて優秀なんですよ~。

私は、有機三年番茶有機柿の葉茶を買っています。

一応、有機にこだわっています。

意外とリーズナブルですよ(^^)

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/11/26 (Thu) 生まれ変わる体

以前、どこかの記事で書きましたが、人の体は約60兆個の細胞の集まりです。

細胞は分裂して娘細胞を作り、再び母細胞となって細胞分裂を行い、また娘細胞を作ります。

こんなことが絶え間なく行われているんですね~。

これを細胞周期と呼び、細胞代謝が全てストップしたときが人間の自然死なんだそうです。

細胞は1日に億単位で死んでいき、億単位で生まれ変わっています。

細胞が死ぬのは仕方のないこと。

だけど、生まれ変わる細胞に注目して下さいね。

この細胞は何からできるのか?というと、食べ物からなんですね~。

日々何を食べているかによって、どんな細胞、つまりどんな体になるかが決まります。

例えば、仕事が忙しくてカップラーメンしか食べない一人暮らしの人。

カップラーメンに含まれている栄養からしか、細胞が作られません。

カップラーメンからできる体(骨・筋肉・皮膚・心臓・肝臓・腎臓etc)って、どんな感じ?

ちょっと、暗くなっちゃいます(^^;)

だけど、見方を変えれば・・・

食べ物を変えることで、誰でも健康になるチャンスがあるということ!

希望の光!って感じ(^^)

目に見えるところでは、爪。

伸びては切り、伸びては切り。

これも生まれ変わり。

これと同じようなことが、体の各部位で起こっているんです。

例えば、皮膚。

女性なら良く知っていますよね。

約28日で生まれ変わります。

心臓は約22日、骨は約90日、赤血球は約120日など。

ということは、心臓は約1ヶ月、骨は約3ヶ月、赤血球は約4ヶ月、食べ物に気をつけてみれば、何か結果が出る可能性があるということ!

これはありがたい(^^)

実際、私も旦那さんも、栄養補給食品を摂り始めてから効果を感じるまで約1ヶ月かかりました。

食事の改善は、栄養補給よりも遅れて始めました。
 
人それぞれ色々な不調があると思いますけど、あまり急がずに子供の成長を見守る感じで様子を見るといいと思います。

それと、体調で気になっていた点を書き留めておくといいですよ。

人間は忘れる生き物なので、見るからに変わっていても本人は気が付いていないことも多いです(^^;)

これ、経験談です。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/11/25 (Wed) 健康のカギを握るミトコンドリアの新常識2

では、前回の続きを・・・。

以前にも書きましたが、ミトコンドリアは全てのエネルギーの元になるATP(アデノシン3リン酸)を作っています。

まさに、私達はミトコンドリアに生かされていると言ってもいいぐらいなんですけどね。

だけど、有害物質として有名な活性酸素を一番多く発生するのもミトコンドリアなんですよ。

活性酸素も害になるだけではなく良い機能もあり、免疫作用や血管を作ることに役立っているのですが、増え過ぎると病気の原因になる。

テレビでは、ミトコンドリアが自らを活性酸素でいっぱいにする様子も写っていました!

老化すると、これと同じことが起きるなんて~(><)

実際に映像で見ると、自ら発生した活性酸素にジワ~ッとおかされていく感じが衝撃的です。

さて、話は違いますが、ミトコンドリアがエネルギーを供給するようになったのはナゼでしょう?

それは、進化の過程に秘密があるのだそう(^^)

小さい生物は大きい生物に入り込み、ミトコンドリアとなった。

最初にしたことが、エネルギーを作ることでした。

これにより、人間にとってミトコンドリアはエネルギーを供給してくれる大切な存在となり、ミトコンドリアは人間の中にいることで外敵から身を守ることができる。

こういったwin-winの関係が、そこには存在するのだそうです。

へぇ~。

そして、マウスの実験でも、へぇ~な結果が!

糖をうまく消費できない病気といえば、糖尿病。

ミトコンドリアの数が多いマウスと少ないマウスに、同じようにカロリーの高い餌を与えたところ、ミトコンドリアの数が少ないマウスは、体重が増えて見るからに太っていました。

また、血糖値を見ても、ミトコンドリアの数が少ないマウスは食後の血糖値が下がるのに時間がかかり、糖をうまく消費できないことが分かったんですよ。

ミトコンドリアの数を増やし、その質をよくすることが、糖尿病(2型)の治療法になるという日が来るかもしれませんね~。

そうそう、運動することで、ミトコンドリアを活性化したり増やしたりすることもできるのだとか。

ウォーキングなどでも増えますが、ポイントは、強めの運動と弱めの運動を交互にすることなんだそうですよ。

そして、ミトコンドリアを元気にする成分といえば、CoQ10。

アラフォーの大豆のミトコンドリアの数は、かなり減ってきているはずなので、上手く使っていきたいです。

実は、CoQ10以外にも注目すべき成分があるんですけど、それは、また今度♪

ミトコンドリアは、ガン・脳卒中・認知症・感染などの病気にも関係していると言われてますし、注目株ですね(^^)

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2009/11/24 (Tue) 健康のカギを握るミトコンドリアの新常識1

気になる!ミトコンドリアで触れた、録画済の「NHKサイエンスZERO」を見ました~(^^)

まとめてみたら長くなってしまったので、2回に分けますね。

今回は、「姿や形についての新常識!」

私にとってミトコンドリアの姿といえば、教科書に載っているミトコンドリアの絵?写真?

そういう人がほとんどなんじゃないかと思いますが・・・

あれ、実は、ミトコンドリアの切断面だったんです!

だから本当のミトコンドリアの姿は、あの切断面を無数につなげてつなげて・・・

そして、テレビに映っていた生きているミトコンドリアの本当の姿は!?

糸ミミズみた~い(^^)

蛍光たんぱく質の登場で、生きているミトコンドリアを見ることができるようになったそうです。

細胞の中に蛍光たんぱく質を入れて青い光を照らしてみると、ミトコンドリアは緑に光って見えました。

細胞の中の核の周りにビッシリと存在していて、クネクネと動いていましたよ~。

本当にミミズみたいです。

ミトコンドリアは、体のどこにあるかで並び方や集まり方が違うので、実際の映像でも見え方が違うのが印象的でした。

短いものや長いもの、細いものや太いもの、色々です。

まず、筋肉のミトコンドリア

筋肉のミトコンドリアは、筋繊維に沿うように並んでいます。

こうすることで効率よくエネルギーを供給できるのだとか。

体内のエネルギーの40%は筋肉で使われますからね。

次に、心臓のミトコンドリア

心臓には、ミトコンドリアがこれでもか!というくらいに集まっています。

隙間がないほどに密集していて、筋肉よりも遥かに数が多いのが分かります!

これは、心臓が24時間絶え間なく動き、生命活動に欠かせない臓器であるため、他に比べて沢山のエネルギーを必要とするからです。

だから、ミトコンドリアは心臓に集まって、十分なエネルギーを供給できるように一生懸命に頑張っているわけですね。

エネルギー産生に大きく関わるCoQ10が、心臓疾患にも効果があるというのが納得できます。

最後に、すい臓のミトコンドリア

すい臓のミトコンドリアは、普通の4倍くらい太め。

糸ミミズというよりは、お米みたいな形です。

すい臓は、消化酵素をたくさん作り、しかも、それを細胞の外に出さなければいけません。

その分、エネルギーも余分に必要になるため、ミトコンドリアが大きくならざるを得ないらしいですよ。

また、ミトコンドリアは働いているうち(エネルギーを作っているうちに)に状態が悪くなってくるため、融合(2つが1つにくっついたりして補い合う)を頻繁に行うことで良い状態を保っているのだとか。

ミトコンドリアも適材適所、というわけですね。

次回は続きで~す。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

| TOP | next >>

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。