「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

2010年07月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. シュガーアディクト(07/14)
  3. WHSベーシッククラス(第7回)(07/13)
  4. 市橋さらさんの講演会(07/09)
  5. 電子レンジは危険?(07/08)
  6. 七夕飾り(07/06)

| TOP | next >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/07/14 (Wed) シュガーアディクト

まさに排出中!で、眠たくて眠たくで仕方ない日々を書きましたが、それが治まったあとに怪しい眠気が襲ってくる日々がありました。

シュガーアディクト発覚!!

そう、シュガーアディクト、その名の通りの砂糖中毒症(^^;)

いわゆる、低血糖症ですな。

女性なら身に覚えがある人も多いはずです。

「あ~、誰か甘いものくれ~、チョコレート~、これが無いとイライラするのよ~、元気が出ないのよ~。」

マクロビオティックを初めてから、色々な症状(心も体も含めて)がありました。

3回にも渡って、ダラダラと書きました。

だけど、書いていないことがひとつ。

それは、もしや?と思ってはいたけれど、なぜか否定したかった。

それが、シュガーアディクト。

一般的には午後2~3時と言いますが、私の場合は午後3~4時に起こります。

異常な眠気。

睡眠も十分に取っているし、疲れているわけでもない。

それなのに、睡魔が襲ってくる(><)

この症状は、マクロビオティックを始めて砂糖を控えるようになり、血糖値が異常に下がって起こったことではないか?いや多分そうだと、マクロビオティック教室でも話題になりました。

そして、同じクラスの人に、もっとスゴイ人が!!

彼女は、午後3時くらいになると手が震えるのだとか。

同僚に、そろそろチョコレートの時間かな~なんて言われるそうです。

まさに、中毒症。

白砂糖は怖いです。

私が今まで大丈夫だったのは、甘いもので無理やり血糖値を上げて、なんとか元気に装っていただけのことだったのかも(><)

甘いものを控えたことで、こんなにもハッキリした症状が出るなんて、体って正直ね~。

こういうときには、血糖値が下がり始める時間帯に甘い野菜のスープを飲むと良いのです(^^)

甘い野菜のスープ、飲みたいな~。

甘い野菜のスープは、膵臓の機能を整えてくれるのでオススメです。

私も以前に作ったことがありまして、美味しいことも分かっているのですが、しかし!面倒くさい(笑)

作り方はとっても簡単なのだけどね、みじん切りがね(^^;)

フープロでやっちまおうか?それとも、きっちり包丁でみじん切りをするか?

そんなことを考えている間に、昨日も書きましたが地獄の午前保育の始まり始まり~。

さて、いつになったら実行できるかな?

買う、という手もありますがね。

低血糖症には、また改めて書こうと思います。

奥津典子さんが、本当に怖い低血糖症とう本も出されているので、気になる方はご一読を!

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

2010/07/13 (Tue) WHSベーシッククラス(第7回)

先週の土曜日は、7回目のマクロビ教室でした。

今回は野菜の回、第2弾。

暑い季節の野菜クッキングでございます。

冬は、ひたすら体を温めてあげればいいけれど、これからの季節、食べ物で上手に体を冷やすのって意外と難しいかも、なんて思っていたところだったので、ちょうど良かった(^^)

画像 002

今回は欠席が多く人数が少人数になったため、テーブルをくっつけて和気あいあいの試食タイム。

一人当たりの量も必然的に多くなります。

料理を並べている人やら、写真を撮っている人、先生に質問している人などなど。

まだ、テーブルは雑然としています~。

出来上がりは、こちら。

画像 003

今回は、まるごととうもろこしご飯(梅肉添え)・キノコと青菜のスープ・キヌアのマリネサラダ・カボチャと豆腐の和え衣・とうもろこしとひえのカスタードプリンの5品。

キヌアのマリネサラダとカボチャと豆腐の和え衣は気に入ったので、家で既に復習済みです。

デザートは最後に出てきたので、うっかり写真を取り忘れてしまいました。

このプリン、初めて見るひえコロコロなるものを使っています。

玄米ポンセンならぬ、ひえポンセンのようなもの?らしく、ひえの特性を生かして寒天の変わりに使いました。

とうもろこしも入っているので裏ごしが大変!

しかし、裏ごしをするのとしないのとでは舌触りが全く違うので頑張りました~。

そうそう、話は変わりますが、今週から幼稚園が夏休み前の午前保育に突入!

娘は昼に帰ってくるというのに、こんなときに限って用事も盛り沢山で、火曜日にして既に疲れが(^^;)

週末には母が来るし、最近、更新がまったりペースのブログがさらにまったりしそうです。

でも、地道に更新しますので遊びに来て下さいね~(^^)

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/07/09 (Fri) 市橋さらさんの講演会

先日、市橋さらさんの講演会に行ってきました。

とはいえ、娘の幼稚園主宰の講演会なのでチャリで5分。

この講演会のお知らせを見るまでは、この方については何も知らなかったのですが、なんだか興味が沸いたので出席することにしたのでした。

市橋さらさんはケニア在住22年。

ご家族は、旦那さん(日本人)と、旦那さんとの間に産まれた子供が3人、ケニア人?の養子2人の7人家族。

そして、ご夫婦はコイノニアアカデミーの責任者でもあります。

コイノニアアカデミーというのは、ケニアの首都ナイロビの北西部にあるスラムに住む子供達のための学校です。

一軒家を借り、そこに4~13歳までの子供達85名がひしめき合って勉強しています。

人数も増えて手狭にり、学校存続のためにも、新しい校舎の建設が急務だそうです。

講演会では、このアカデミーの様子を交えながらお話して下さいました。

そうそう、話はそれますが、会場である幼稚園のホールには養子のリベカちゃんも登場し、ひとこと挨拶をされていました。

流暢な日本語での挨拶の後、子供達と遊ぶために園庭?に消えて行きました。

彼女は、日本人夫婦の養子であるため、留学生ではない形で日本の高校で勉強したいと、現在申請中だそうです。

例が無いとかなんとかで時間が掛かっているらしいですが、上手く事が運ぶことを願っています。

とてもキュートな女の子でした。

話を戻します。

講演会で圧倒されたのは、市橋さらさんのパワー!

気さくでパワフル、だけど押しつけがましくなく、愛情に満ち溢れている・・・。

現地では、子供の教育も大変ですが親の教育も大変らしく、日本人相手のようには行かないわけですから、ヤワではやっていられないのかもしれませんね。

親に対しても遠慮なく言うべきことは言うそうで、「日本では決して園長は出来ない」と言われるのだとか。

それと、親は子供にどういう人になって欲しいのか?はっきりした考えを持つことが大切だと仰っていました。

親の思いがふらつくと子供もふらつくのだと。

ケニアでは貧富の差が激しく、お金持ちは外車を何台も所有し、お手伝いさんを雇うような暮らしぶり。

だけど、スラムの子供達はトタンの家に住み、もちろんライフライン(電気・水道・ガス)などは無く、その日食べるものにも困るような生活をしています。

講演会で紹介された1組の親子の家には壁がない部分があり、ビニールなどで補修して使っていました。(今は壁がある家に引っ越すことができたようですよ(^^))

そして、市橋さらさんのスゴイと思うところは、この2つの世界(お金持ちの世界とスラム)の両方の子供達の教育に関わっているということ。

そうなんです、お金持ちの子供達が通う施設の責任者でもあるのです。

親だけでなく、子供達にも分かりやすい言葉で聞かせてあげたい講演会でした。

活動などについては、こちらに詳しいことが載っています。

興味のある方はどうぞ。

画像 001

画像 002



★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/07/08 (Thu) 電子レンジは危険?

今の時代、電子レンジが無い家庭なんてあるのでしょうか?

それぐらい普及していますよね。

多分、90%以上の普及率だと思います。

我が家でも、もちろん使っています。

調理に使うことは無いけれど、温め直しには使います。

これだけ普及していて、当たり前のように使っている電子レンジが危険だと知れば、ショックな人は沢山いるでしょうね~。

電子レンジは、マイクロ波という電磁波を出して食品を温めています。

食品の水分子にマイクロ波を当て、振動させることで熱を発生させて、温めているのです。

水分子を利用しますから、例えばガラスのコップだけを電子レンジで温めることは理論的にはできないのだそうです。(空気中の水分が表面についていたりするので、あくまで理論的にはですが、試してみようかな?)

そして、電子レンジ1秒間の振動数は、なんと!200万回以上に達します。

この強烈な振動は、食品の細胞はもちろん、それを食べる人にも影響を及ぼす可能性があります。

また、栄養価にも違いが!

蒸したり茹でたりすることでも、ある程度の栄養素は奪われますが、電子レンジはその比ではなく、90%程度の栄養価が落ちてしまうというのです。

ここまで行くと、もう、食べ物としての価値があるのか!?という感じですよね。

また、活性酸素も大量に作られてしまいます。

我が家では、主に残りご飯の温め直しに使っていますが、これさえも少し躊躇する気持ちがあります。

だから、冷やご飯は雑炊やお粥、チャーハンなどで消費することが多いのですが、お弁当のご飯は前日の夜にまとめて炊いたものを入れることが多いので、少し温め直してから入れています。

だけど、今、ふと思ったのですが、夏は前日にお弁当箱にご飯だけを詰めて冷蔵庫で保存、温め直さずにそのまま持たせたらお昼にはちょうど良くなっているかもしれませんね。

それに、有機野菜や有機米などと食材に気を使っていたとしても、電子レンジ一発で台無しになってしまうのは悲しい。

ロシアでは健康面を考慮し、電子レンジが1976年から1990年頃まで一時禁止となっていたようです。

政府が研究した実験結果の中の「人への影響」として、生命エネルギーの低下・大脳や中枢神経の回路の破綻・神経系とリンパ系のバランス能力の低下・ホルモン生成の阻害・脳波の妨害、それによる心理的な抑圧・集中力の欠如・不眠などがあるのだそうです。

これを見ると怖いな~と思いますが、ここまで一般家庭に入り込んでいるものを今さら止められないでしょうね。

危険性をメディアが大々的に取り上げ無い限りは・・・。

まあ、1回や2回電子レンジを使ったからといって、体がどうにかなるわけではないけれど、だからこそ怖いものなのかもしれません。

しかも、この普及率。

みんなが使っているから大丈夫的な、とっても日本人的な感覚で、ぬるま湯に浸かっていたら知らない間に温度が上がっていて、気づいたときには大変なことになっていた!ということにならないように願いたいです。

さずがに電子レンジを捨てる勇気はありませんが、使用頻度に関しては、もう少しだけ見直してみようかなと思います。

とは言っても、ご飯の温め直しの回数を減らすぐらいですが・・・。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/07/06 (Tue) 七夕飾り

去年は、幼稚園で一人一人が七夕飾りを作って持ち帰ったのですが、年長さんはナシ。

代わりに(?)幼稚園のホールの大きな七夕飾りの手伝いをしたらしい。

ということで、家で工作が始まりました。

かなり手伝わされて、ちょいと疲れ気味の大豆ママです。

出来上がりは、こんな感じ↓

画像 064

昨日、幼稚園の絵画教室のお迎えに行ったときに、玄関脇に「ご自由にどうぞ」と置いてあった笹を持ち帰っていたため、それに飾りつけてみました。

画像 065

なぜか、スイカ。

夏だから?

画像 066

「パパがおしごとがんばれますように」

パパに関するお願いごとと言えば、いつもこれ。

先日も、

娘「ねえ、パパって残業?」

私「うん、そうだよ」

娘「残業して、お金集めてるの?」←(なんだか物乞いしてるみたい)

私「集めてる、って(^^;)」←(ま、そうとも言うけど)

とにかく、

パパ=仕事頑張る

という図式が出来ているみたいです。

だけど、パパが見たら、きっとこういうでしょう。

「これ以上、まだ頑張れって言うの(^^;)」

そう、パパは頑張っていますよ。

だって、今日もまだ会社ですから。

決して、

「パパが早く帰ってきますように」

とは、お願いしない娘でした。

あは(^^;)


★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

| TOP | next >>

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。