「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

2010年10月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 子どものこころにふれる整体的子育て(10/29)
  3. いまさらですが、運動会(10/28)
  4. アドバンスクラス「焼き菓子講座1」(10/27)
  5. 豆腐白玉のくるみ味噌がけ(10/13)
  6. レッジョ教育(10/07)

| TOP | next >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/10/29 (Fri) 子どものこころにふれる整体的子育て

今日は本の紹介。

整体ボディーワーカーである山上亮さんの子どものこころにふれる整体的子育て

紹介文に「子どもの不調を和らげるために、手を当てたり、足湯や湿布をしたり、という親ができる簡単な手当てを紹介」とあったので、お手当の本だと思って読み始めたのですが違いました。

もちろん、具体的な手当法も載っているのですが、もっと広い意味での子供のケアの方法を書いたユニークな子育て本という感じかな。

決して小手先の躾などではない、もっと子供の心と体に寄り添った子育ての手法なんです。

帯をよく読んでみると、野口整体とシュタイナー教育の両方の視点からアプローチされているんですね。

だからこんなに温かい感じがする本なのね~とあとから納得。

目次を春のからだ・夏のからだ・秋のからだ・冬のからだ、というように四季に分け、季節ごとの注意や手当が書かれているので分かりやすいのも良いです。

季節の変わり目はもちろん、「最近、子供としっかり向き合っていないな~」と感じた時に開きたい本です。

子育てに大切な、本当に大切なポイントが分かりやすく書かれています。

一家に一冊!


子どものこころにふれる整体的子育て

ブログ、雑念する「からだ」もどうぞ。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

2010/10/28 (Thu) いまさらですが、運動会

タイトル通り、いまさらながらの運動会報告。

というか、記録のためにアップしておきます。

今年は10月9日・10日があいにくのお天気で、9日の朝に延期の連絡網が回ってきました。

結局、運動会は11日に延期。

2日間も延びてしまったので、当日の朝、お出掛けするのが少し億劫に感じるほどにモチベーションが下がっていた私ですが、運動会が始まってみれば自然と盛り上がっていました。

娘は年長さん。

幼稚園最後の運動会だけに、感動しきりかと思いきや、白熱しすぎてシンミリする余裕もなく、終わってビデオや写真を見ながらジワジワと感動する私。

遅すぎる(^^;)

どこの幼稚園も同じなのかな?

主役は年長さん、という感じで出番が多くて大変そうでした。

特に組体操。

去年、年長さんの組体操を見ながら

「この子達、来年こんなことできるのかしら?」

と、ママさん達とおしゃべりしていたのですが、やはり子供は確実に成長しているんですね。

体育の先生の笛の合図でキビキビと、2人組、3人組とフォーメーションを変えていく姿が、なんだか眩しかったな。

画像 071

1つとポーズごとに全員で「ヤアッ!」と言うのが、なんともカワイイの。

娘は体育会系ではないので、リレーなんかは全然興味がなくてダンス命!だったのに(去年の走りなんて最低だったの)、チーム戦ともなると意識が変わるようで、幼稚園から帰ってから自宅の周りを走ったりして練習してました。

先生達も上手に盛り上げていくんだろうな。

おかげで、へなちょこ走りから脱出!

スピードは別としても、それなりの走りをしていました。

画像 073

あ、もちろんダンスは200%の張り切り具合でしたけどね。

画像 073

リレーの行方を見守る・・・。

最後は、全員が金メダルをもらって帰りました。

画像 073

ママ達もクラス対抗の綱引きがあったり、パパ達は親子競技があったりと、年長さんは子供も親も忙しくて帰宅してみればグッタリ疲れて家族で昼寝。

来年の運動会はどんなかな?

また、母を感動させてね。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/10/27 (Wed) アドバンスクラス「焼き菓子講座1」

先日、野菜料理とお菓子の教室atelier Hachiに行きました。

Whole Foods StdioのBasic Programが終了して、次のCertification Programまで何もないので、他の教室の単発クラスでも受けてみようかな?と思っていたのですが、予定が合わなかったり、受けたいクラスがなかったり。

そこで、以前から目をつけていたatelier Hachiでお菓子を習ってみよう!と思い立ち、予約。

予約したクラスはアドバンスクラス。

ということは当然ベーシッククラスがあるわけですが、スケジュールが合いそうもなかったので、とりあえずスケジュールが合って興味があったクラスを受講してみました。

実は、Certification Programに進むため面接を受けに行ったとき、天野先生からatelier Hachiを勧められたのです。

そのときは既に予約をしていたので、なんだか偶然というのか必然というのか、私の目は確かだったのね~、atelier Hachiに行く運命だったのね~と感じて、少しうれしかった♪

メニューは、パンデピス・カヌレ・マドレーヌ・ガトーバスクの4種類。

なかでもカヌレは絶品!

カヌレ型を使わないのに、あんなに美味しいなんて!!

アイディアに脱帽です。

さすが、ル・コルドンブルーを出ているプロは違うわ~。

さて、出来上がりはこんな感じ。

画像 077

私は、スパイス系のお菓子もけっこう好きなので、パンデピスもすごく美味しくて、家でも復習してみました。

スパイスもメーカーによってスパイシー具合が違うようで、ジンジャーが効き過ぎたように感じたので自分流に改良しようと思います。(だけど、それはそれで美味しかったのよ♪)

今日は、パンデピスの残りと豆腐ココアクリームとドライフルーツをパフェ風にして3時のおやつに出したら、どうやら気に入ったようで、次回は抹茶味のパンデピス(抹茶味でもパンデピスと言っていいのか!?)でパフェを作れとリクエストされました。

抹茶味のパンデピスとノーマルな豆腐クリームと餡子のパフェもイケそう(^^)

楽しみが増えました。

実は、次のアドバンスクラスも予約しているので、またレポートします。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/10/13 (Wed) 豆腐白玉のくるみ味噌がけ

今日は、オヤツの紹介。

画像 076

昨日、多めにつくっておいた豆腐白玉にくるみ味噌をかけていただきました。

優しい味。

娘も気に入ってくれました。

あまりにも気に入りすぎて旦那さんの分まで食べてしまったので、なんだか申し訳なくて、オートミール入りのざくざくスコーンを追加で焼きました。

くるみ味噌は、くるみ(炒ったもの)をすり鉢でゴリゴリして、白味噌とメープルシロップと醤油で味付けしたもの。

昨日は、豆腐白玉にココア豆腐クリームをかけたものがオヤツでした。

今日は、時間短縮のためのアレンジ版ですね。

明日のオヤツは何にしようかな?

なんだかんだと忙しい毎日。

仕事をしているわけでもないのに、なぜ時間が足りないの???

疑問です。

もしかして、手際が悪いのかしら?と思ったり。

あ~あ、せめて1日30時間だったらなぁ。

だから、ブログの更新もまったり気味です。

最近は、かしこまった栄養のことを書く気分になれずに日々のあれこれを綴ってしまっています。

それはそれで良いのだけれど、ブログのタイトルと合わなくなってきているな。

マクロビ生活を送っていると、日々のこともそちら寄りのことが多くなってしまうので、マクロビティックのことは違うブログで独立させた方がいいのかな?と考えたりもしています。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/10/07 (Thu) レッジョ教育

先週末、レッジョ教育を取り入れたワークショップに行ってきました。

レッジョ教育というのは、イタリアのレッジョエミリア市が発祥の子供の個性や創造性を重視した教育方法。

世界中で注目を浴びているそうです。

レッジョエミリア市では、子供が持つ可能性を引き出すことができる空間とは何かを、行政や教育者だけでなく、保護者も含めた皆で考えているのだそうです。

特徴は、計算や読み書きよりも、美術を通して「いかに子供の独創性を伸ばすか?」という感じなのかな。

調べてみたら、日本でもレッジョ教育を取り入れている幼稚園がありますね。

人口わずか14万人程度の地方都市のレッジョ教育が世界的な評価を受けるようになったのは、1991年ニューズウィーク誌に「最も革新的な幼児教育」として紹介され、「子どもたちの100の言葉」と題した作品展が、東京をはじめ世界各地で催されるようになってからです。

この作品が掲載された本も出版されています。

ワークショップでどんなことをしたのかというと・・・。

画像 060

講師が絵本をめくっていきます。

文章は書いてありますが、声に出して読むことはしていませんでした。

そして、途中で「いま、この子はどんな気持ちかな?○の中にこのときの気持ちを表現してみよう。」と問いかけました。

最初は男の子が「はい!」と前に出て行ったので、「積極的だな~。」と感心していると、次の講師の問いかけに、今度は娘が「はい!!」と更に大きな声。

そう、上の写真は発表中の娘であります。

部屋には4つのテーブルが置いてあり、テーブルごとに少しずつやっていることが違います。

だけど、共通しているのは廃材(ペットボトルのフタ・リボン・木の実・コルク・木の切れ端・電化製品を分解したもの・傘の先っぽ・雑誌の切り抜き、などなど・・・。)を利用して、自分が表現したいものを作り上げていきます。

思い思いに並べたり積み上げたり・・・。

作っては壊し、作っては壊し。

私が、このアイディアいただき!と思ったのは、コラージュをするとき以外はノリやテープを使わないこと。

作品は飾っておくのではなく、写真に収めるのです。

娘は工作が大好き。

空き箱などを捨てずに集めて、毎日なにかしら作っていますが、そのときに使うテープの量は尋常じゃありません。

作品は日々増えていきますから、もちろん、燃えるゴミの日の前日には仕分け作業。

ゴミの量も尋常じゃないのです。

だけど、この方法ならゴミも出ないし場所も取らないし、いいことずくめ。

我が家でも採用しようと思います。

ワークショップの様子は、こんな感じ。

画像 060

自分がやりたいことをやっているテーブルを見つけて移動するのもありです。

出来上がったら、作品についてインタビューに答える形式で発表していきます。

画像 060

娘の作品、ケーキの数々。

画像 060

他の子の作品には、恐竜とか、

画像 060

「きのこの散歩道」と作品にタイトルをつけている子までいて、

画像 060

力作ぞろいでした。

隔月で開催されるそうなので、是非、次回も参加したいな♪

レッジョ教育について詳しくはこちら

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

| TOP | next >>

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。