「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

2011年03月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 元気です(03/14)

| TOP |

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2011/03/14 (Mon) 元気です

大豆家は、無事です。

元気です。

一応、都内ですから、被害はありませんでした。

大きな地震が来るであろうと思っていました。

もちろん、災害時のため準備もしていました。

だけどだけど、まさか、こんなにもひどい事態になるとは夢にも思いませんでした。

そりゃそうですとも。

専門家でさえ予想外だと言うのですからね。

それにしても、連日連夜、報道を見ているとあまりの悲惨さに涙が浮かびます。

私は当事者でありません。

だから、ヘタな慰めの言葉は嘘っぽく感じるのでアレコレ言いませんが、まだ余震も落ち着いていないし、復興には何年もかかると思いますが、絶対に日本は立ち直ると信じています。

で、今回の地震で感じたこと。

当たり前ですが、事前の対策は重要だということ。

我が家は背の高い家具に耐震の突っ張り棒(?)を付けています。

テレビには耐震マットを敷いています。

震度5だったからというのもあると思いますし、地盤が良い?というのもあるかもしれませんが、家具は全く動きませんでしたし、ほとんど揺れもしませんでした。

私は今回初めて震度5を経験したのですが、以前、そういう対策をしていなかった頃に経験した震度4の地震よりも揺れを感じなかったのです。

ひどい家具の揺れが目に見えると、それだけでも恐怖を感じるのかもしれませんね。

それと、前もって食料や水などを備蓄しておくと、慌ててスーパーに走る必要がないです。

昨日、念のため少し備蓄を増やそうかな?と思ってスーパーに行くと、正直怖かったです。

みんな殺気立っている・・・。

そんな中、乾燥ワカメとトロロ昆布を買って帰りました。

なぜって?

普段からワカメや昆布など「ヨード」を含む食品を摂取しているかいないかは、今回のように原発に不安があるときは重要なのです。

なぜって、体内をヨードで満たしておけば、万が一被爆した際に放射能がヨードと結びつき排出を促してくれるからです。

かといって、食べ過ぎは別の弊害につながるのでダメですよ。

他にも、玄米を常食していた人は広島と長崎に原爆が投下された際も、ほとんど原爆症になった人がいなかったと言われるくらい、玄米に含まれる「フィチン酸」の解毒作用は素晴らしいですし、味噌や納豆と言った大豆発酵食品に含まれる「ジビコリン酸」は放射性物質を体外に排出する効果があるため、チェルノブイリ原発事故の後、日本から納豆や味噌が送られたのは有名な話だそうですよ。

自分でやれることは少しでもやっておかないと。

何が起こるか分からないもの。

放射能って、目に見えないですしね。

計画停電も完全なる無計画停電だし、振り回されっぱなしで物申したいことは色々あるけれど、まあ、乗り越えるしかないですね。

普通に暮らせてるだけで、ありがたいです

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら
スポンサーサイト

| TOP |

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。