「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/04/15 (Thu) 涙の構造と役割

今回の結膜炎をきっかけに少しだけ眼について調べてみました。

では、さっそく本題へ。

人の眼は涙に覆われており、この涙の構造は表面から油層・涙液層・ムチン層の3層から成っています。

油層は、まつげの根元のマイボーム腺から分泌された油分からできています。

油で表面を薄く覆うことによって涙の蒸発を防いでいます。

涙液層は、涙腺から分泌される涙液からできており、たんぱく質・酸素・脂質などから成っています。

眼を保護すると同時に栄養も供給しています。

ムチン層は、結膜の細胞から分泌され、涙(涙液層)を眼の表面に均等に行き渡らせ、更にそれを留めておく役割を果たしています。

ムチンといえば、山芋やオクラなどのネバネバ食物に含まれているアレです。

ムチンは水を捕まえておく能力が高いので、ムチン層がきちんとしていると涙が眼全体を覆って潤し、しっかりと保護することができるのです。

このムチンが洗眼液や目薬の過剰な使用によって剥がれると、涙が留まりにくくなり、目が乾いたり雑菌が繁殖しやすくなるなどの弊害が出てきます。

洗眼をしたことがある人は分かると思いますが、洗眼したあとの液には油が浮いてますよね?

それは、油層のものなんだとか。

この油層が流されるということは涙を蒸発しないようにする油を取り除いているということですから、過剰な洗眼によって、その下の涙液層やムチン層にも影響が出てくるのが分かると思います。

涙は、どんな目薬よりも優れている液体なので、必要以上の洗眼は逆効果になる可能性大なんだそうです。

コンタクトを使っている人は、外したあとの不快感をどうにかしたくて、アイボンなどで洗眼する人も多いでしょうが、どうしても何かしたいなら、薬局に売っている生理食塩水で洗ったり、防腐剤無添加の目薬(ソフトサンティアなどを勧めている人がいましたよ)で不快感を緩和するのがお勧めなんだとか。

マクロビオティックのお手当のひとつに、熱い三年番茶に1%の自然塩を溶かし、適度に冷ましたもので洗眼するという方法があります。

私は、目が開かなくなってから病院に行くまでの間、どうしても気持ち悪かったので、アイボンは止めて塩番茶で何度か洗眼しました。

確かに、こちらの方が刺激が無くて優しいし、意外とスッキリ(^^)

やはり、テレビや雑誌で見たとか、有名だからとか、人が使っているからとか、自分の基準なしに物を選ぶのは良くないな~と改めて思いました。

ちなみに、目は、もう大丈夫です(^^)v
スポンサーサイト

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

<<目の疲れに塩番茶シップ | TOP | 目が開かない!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


おじゃまします♪

こんばんは。

自分自身が痛い目にあって経験することで、身についたり、将来の役にたったり、より向上できたりしますよね♪

痛い目にあうだけでなく、さらにその原因を調査したり、積極的に勉強されている姿に、私も見習わなくっちゃ! と思いました。

私もいろいろ健康について勉強してます。
健康、人間の体って、奥が深いです。完全な趣味です♪

目については、仕事柄、かなり深く勉強しました。
涙についても、深く研究したことがあります。
涙ってすごいですよね。
目って、すごいですよね。

おじゃましました~♪
また勉強しにお邪魔させて頂きます。

2010/04/15 22:16 | JJSG [ 編集 ]


JJSGさん

また、来て下さったんですね(^^)

ほんと、今回は痛い目に会いました。
まさに、「痛い眼」でした(^^;)

私も健康とか栄養については完全なる趣味です。
どうしてなのか知らないと気が済まないというか。
だって、「結果」には必ず「原因」があるはず!
そこを知っているのと知らないのとでは、大きな違いがあると思うんですよね。

「仕事柄」って何のお仕事なんでしょう?
ブログを深く拝見したら分かるかな?

「今日の一日一訓」楽しみにしています。

2010/04/15 22:26 | 大豆 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://letsgetwell.blog91.fc2.com/tb.php/226-22c7f384

| TOP |

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。