「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/06/18 (Fri) え?これって鬱?

ここのところブログを更新しない日々が続いていたのですが、理由のない悲しみの穴みたいものにハマっていました(^^;)

たまにありますよね?

はっきりした理由なんて思い当たらないのに、何やら訳のわからない悲しみに捕まってしまうとき。

昔はよくありました。

働き過ぎとストレスで自律神経が壊れてましたから(苦笑)

だけど、もう何年もそんなことはなかったんです。

小さな穴に片足を引っかけちゃうくらいのことはありましたけど・・・。

だから、最初は戸惑いました。

だけど、今回のは違うんです。

理由が分かってるんです。

それは、歯の治療と、それに伴う薬の服用。

私、差し歯があるんですけど、10年くらい前に差し歯の根が菌に感染して膿ができてしまい、一旦外して根の治療をしたことがあるんです。

感染の原因は、多分、ストレスによる免疫の低下です。

先程も書きましたが、10年前といえば自律神経メチャクチャ状態のピーク!

体を壊すほどの極度のストレスで、このときに随分と歯も悪くなりました。

この治療、成功していないと、(一見、上手く行ったようには見えるのだけど)長年かけてまた同じ状況になったりするそうなんですね。

今回、まんまとそうなってしまい、再び根の治療をすることになってしまったのです(><)

当時は、外科的治療をしたり、根の治療をしたり、周りが顔を歪めるような大変な治療だったのにも関わらず、本人は全然平気だったんですよね~。

だけど、今回の治療でビックリ!

あのときの私の神経がおかしかったことが、よ~く分かりました。

歯の治療は交感神経を刺激すると言いますが、その通り。

特に根の治療をした日なんかは、なんだか胸がザワザワするというのか、心臓がドクドクするというのか、ちょっとした興奮状態?

いままでに感じたことのない不快感!

痛くもないのに神経が高ぶるのか、治療中に泣きたくなってくるときがあるほど・・・。

おまけに抗生物質まで飲むことになってしまい、嫌だな~と思っていました。

余談ですが、娘のお泊まり保育の報告会の後で子供たちが歌ってくれた歌に妙に感動して、家に帰ってから娘に(何度も)歌ってもらい、ボロボロ泣いてしまいました。

いつも、こういうときにはウルウルしてしまうのだけど、今回は自律神経が変になっていたので感動の仕方もちょっと変で、いつもとは明らかに違う感情の高ぶりでした。

娘は、そんな私に妙にウケてましたけど(^^;)

話を戻しま~す。

当初、3日間の服用の予定だったのですがが、トラブルがありまして、結果的に2週間近く飲み続けました。

そうしたら、途中からやる気のない、どよ~んとした状態になり、日々こなしていることに時間が掛かってブログを更新する時間も気力もない状態に・・・。

そして、なんだか泣きたくなったり(><)

排出からくる猛烈に眠たい時期は過ぎたはずなのに変だな~と思ったのですが、これってなんだか鬱の知人が言っていた状態に似ている!

その辺りで、これは抗生物質のせいだと確信めいたものを感じました。

ちょっと調べてみたのですが、「副作用として鬱状態をもたらす薬には、鎮痛剤・抗生物質・抗ガン剤・抗精神薬・降圧剤・副腎皮質ホルモン・排卵抑制剤・インターフェロンなど」があるそうです。

もちろん、副作用が出ない人もいますし、出ても副作用とは気づかない人もいます。

滅多に薬を飲まない私が連続して抗生物質なんぞ飲んだので、飲んでいないときとの差が顕著だったのかもしれませんね。

その証拠に、根の治療がほぼ終わって薬を止めた辺りから調子が上がってきました(^^)

やっぱり、薬、怖いわ~(><)

連続服用は避けたいものです。

ちなみに、この時期は妙に大根おろしが食べたくて、夕飯には毎晩のように大根おろしが出ていました(^^)

体が薬を外に出そうとしていたのかも・・・。
スポンサーサイト

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

<<菜食と貧血 | TOP | 果汁100%ジュースの秘密>>

comment











管理人のみ閲覧OK


また遊びに来ました。
大豆さん、ともかく調子が上がってきて
よかったですね!
つらい時期に大根おろしが食べたくなったっていう
記述に、なるほど~と思いました。
ほんとうに悪いものを出そうとして体が
自然と要求していたのかもしれないですね。
薬の副作用でウツウツとした気分になってしまう
というのはほんとよくわかりました。
私もリスクを取って継続して飲むのが当たり前な
薬を止めてしまいました。
飲んでるときは不快症状が現れてましたね。
無理やり薬の力で機能を止めてしまうんだから
副作用はどうしても出てきます。
その副作用とうまく付き合えるようにもって
いければいいのかも知れないですけどもね。
みんながんばってるんだ~みたいな連帯感で。
そういえば私もすぐ感情がウルウルなって
急に涙がぽろっとなるタイプでした~。
今はずぶとく・・?
悲しみには・・弱くて。特に別れに対しての(^^;

2010/06/18 20:11 | keko [ 編集 ]


kekoさん

わぁ~、薬の副作用のことを共感してくれる人ってなかなかいないんですよぉ。
なんだか嬉しい(^^)
口には出さないけど、みんな麻痺してるのかな~?と思ったりもします。
昔は私も麻痺してましたけど(^^;)

kekoさんも涙もろいんですね。(昔の話?)
私は毎週「mother」を見て号泣です。
泣くことって、ストレス解消というか、ある意味デトックスな気がします。

2010/06/20 00:49 | 大豆 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://letsgetwell.blog91.fc2.com/tb.php/256-ef3ae062

| TOP |

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。