「栄養と健康と、ときどき日記」
栄養と健康に関する覚書。体験談も少し。誰かのお役に立てるかな♪

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

2010/10/07 (Thu) レッジョ教育

先週末、レッジョ教育を取り入れたワークショップに行ってきました。

レッジョ教育というのは、イタリアのレッジョエミリア市が発祥の子供の個性や創造性を重視した教育方法。

世界中で注目を浴びているそうです。

レッジョエミリア市では、子供が持つ可能性を引き出すことができる空間とは何かを、行政や教育者だけでなく、保護者も含めた皆で考えているのだそうです。

特徴は、計算や読み書きよりも、美術を通して「いかに子供の独創性を伸ばすか?」という感じなのかな。

調べてみたら、日本でもレッジョ教育を取り入れている幼稚園がありますね。

人口わずか14万人程度の地方都市のレッジョ教育が世界的な評価を受けるようになったのは、1991年ニューズウィーク誌に「最も革新的な幼児教育」として紹介され、「子どもたちの100の言葉」と題した作品展が、東京をはじめ世界各地で催されるようになってからです。

この作品が掲載された本も出版されています。

ワークショップでどんなことをしたのかというと・・・。

画像 060

講師が絵本をめくっていきます。

文章は書いてありますが、声に出して読むことはしていませんでした。

そして、途中で「いま、この子はどんな気持ちかな?○の中にこのときの気持ちを表現してみよう。」と問いかけました。

最初は男の子が「はい!」と前に出て行ったので、「積極的だな~。」と感心していると、次の講師の問いかけに、今度は娘が「はい!!」と更に大きな声。

そう、上の写真は発表中の娘であります。

部屋には4つのテーブルが置いてあり、テーブルごとに少しずつやっていることが違います。

だけど、共通しているのは廃材(ペットボトルのフタ・リボン・木の実・コルク・木の切れ端・電化製品を分解したもの・傘の先っぽ・雑誌の切り抜き、などなど・・・。)を利用して、自分が表現したいものを作り上げていきます。

思い思いに並べたり積み上げたり・・・。

作っては壊し、作っては壊し。

私が、このアイディアいただき!と思ったのは、コラージュをするとき以外はノリやテープを使わないこと。

作品は飾っておくのではなく、写真に収めるのです。

娘は工作が大好き。

空き箱などを捨てずに集めて、毎日なにかしら作っていますが、そのときに使うテープの量は尋常じゃありません。

作品は日々増えていきますから、もちろん、燃えるゴミの日の前日には仕分け作業。

ゴミの量も尋常じゃないのです。

だけど、この方法ならゴミも出ないし場所も取らないし、いいことずくめ。

我が家でも採用しようと思います。

ワークショップの様子は、こんな感じ。

画像 060

自分がやりたいことをやっているテーブルを見つけて移動するのもありです。

出来上がったら、作品についてインタビューに答える形式で発表していきます。

画像 060

娘の作品、ケーキの数々。

画像 060

他の子の作品には、恐竜とか、

画像 060

「きのこの散歩道」と作品にタイトルをつけている子までいて、

画像 060

力作ぞろいでした。

隔月で開催されるそうなので、是非、次回も参加したいな♪

レッジョ教育について詳しくはこちら
スポンサーサイト

★応援していただけるとウレシイ♪→FC2 Blog Ranking
★限定公開記事を読むには?→こちら

<<豆腐白玉のくるみ味噌がけ | TOP | 乳製品を使わない粉チーズ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://letsgetwell.blog91.fc2.com/tb.php/291-9d71cb9d

| TOP |

プロフィール

大豆

Author:大豆
家族:夫、娘(6歳)
→プロフィール詳細

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

あし@



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。